月利30%で資産運用!マイユニバーサルウォレット

コロナ影響で「円預金はもう古い!」が更に加速!?

私たちはゼロ金利時代を生きています!

20代、30代の方は銀行預金に金利が付くと言う事を知らない人も多いのではないでしょうか?
1973年には年利8%、1990年には6%と銀行にお金を預けるだけでお金が増える時代が有りました。

ゼロ金利時代

近年では、ゼロ金利と言って年利で0.3%などが普通です。
今と昔で100万円を1年預けたとして比べてみると、
1973年、100万円⇒108万円
1990年、100万円⇒106万円
2020年、100万円⇒100.3万円
昔は8万円増えていたのが、今では3千円です。

見て分かる通り、円預金には期待持てないですよね・・・
このコロナ景気でますます金利は下がるでしょう。

高齢化に人口減少

日本は高齢化に人口減少と日本特有の経済的な問題を抱えています。
高齢化になるとどうなるか、高齢者が車を購入しますか?高齢者が住宅を購入しますか?
購入しませんよね?要は大型消費が減ると言う事です。

車や住宅には消費税だけでなく、様々な税金が発生しますよね?
大型消費が減ると、国の税収が減る事になります、財源を失った国は税金を上げるだけでなく、税金の種類も増やす事になるでしょう!

増える税の種類

今、大きなお金が動いていて国が税金をかけていない物!

それは「預金」です!

日本政府が預金に課税する日はそう遠くは無いでしょう。

そうなると、円預金は金利が付くどころか、預金する事でお金が減る事になります。
金利が下がるだけでなく税金も増えたり上がる事も十分に考えられます!

それでもまだ「円預金」続けますか?

ユニバなら毎日増える

ユニバにお金を預けると、最大日利1.5%、月利30%以上が配当されます!

日本の銀行比べると歴然の差です!

1年間、円預金をすると100万円が100.3万円でプラス3千円・・・
ユニバは投資額の3倍までの配当が受けられるので、100万円をユニバに投資して、月利30%で計算すると半年で300万円になります。

円預金を続ける理由が見当たりませんよね?